Apple Watch Series4〜6(SE非対応)で心電図計測可能に!バイオハザードの体力ゲージが現実になった?

ついに日本でも心電図計測が解禁されましたね!

心拍数や心肺機能、血中濃度酸素など計測できる幅が徐々に増えてきましたが、その中でも私が最も楽しみにしていた機能が心電図計測です。

基本的には年一回の健康診断で心電図を計測するのが一般的だと思いますが、それがApple Watchでいつでも計測できてしまうわけですから正直すごい事ですよね!

もちろん健康診断のような詳細なデータまでは取得できませんが、健康状態や予兆を察知することもできるわけですから、計測しておけばもしもの時の判断材料になるでしょう。

Apple Watch Series 6(GPSモデル)- 40mmブルーアルミニウムケースとディープネイビースポーツバンド
4.5

ヘルスケアとしても素晴らしいですが、私が楽しみにしていた理由の1つに「バイオハザード」の主人公の体力ゲージを表す心電図計測が現実のものになったことです。

バイオハザードは全シリーズプレイしてきましたが、中でもバイオハザード7で主人公イーサンが体力(心電図)を確認できる「ゲノム・コデックス」と呼ばれるスマートウォッチを装着しているのですが、これが最高にCOOLなんですよ!

何を隠そう、バイオハザード7の影響を受けてApple Watchを使い始めたのは全世界で私くらいでしょう(笑)

初めてApple Watchを購入した当初はSeries 2でしたので心電図計測機能もまだなかった時代で、さすがにバイオハザードごっこ(笑)はできないかと落胆したのは良い思い出です。

これからはガシガシ心電図を計測してバイオハザードの世界観に浸りながらも健康状態をチェックしていきたいですね!