結局iPadとMacBook Proはどう使い分ける?ゲームや動画編集など用途別に解説

昨今は一家に一台iPadがあると言っても過言ではないほど普及しつつありますが、Macはどうでしょう。

M1 Maxという高性能チップの開発により、今やゲーミングノートPCのグラフィックボードに匹敵するほどのスペックになりましたが、普及しているかどうかはまた別の話になります。

クリエイターが使うPCというイメージが強いMacですが、現在でもそのような位置付けなのでしょうか。

今回はiPadとMacBook Proを使っている私が状況に応じて使い分けている内容をまとめてみました。

MacBook Proでやっていること

AirPodsMax_MacBookPro15

動画の制作・編集

私は趣味でドライブ動画を撮影してYouTubeに動画投稿をしていますが、基本的には制作から投稿まで全てMacBook Proで行っています。

編集に使用しているソフトが「Adobe Premiere Pro」の為、iPadでは使えない事から必然的にMacBook Pro一択となります。

Premiere Proの下位互換である「Adobe Premiere Rush」であればiPadを使って簡易的な編集もできますが、基本的に外出先で動画を編集することもないので、自宅であればMacBook Proで作業した方が早いですからね。

また、サブディスプレイなども使用していない為、MacBook Proの大画面でないと作業し辛いという欠点もあります。

iPad Proであれば12.9インチというそこそこ大きいディスプレイモデルもありますが、MacBook12インチを使っていたことのある私にとってはやはり動画編集するには小さいと感じます。

サブディスプレイを使わないのであればMacBook Pro16インチは必要でしょう。

DTM

オリジナル曲を作ったりしていますが、最近はドライブ動画で使うBGMを制作しています。

動画制作同様にこちらも「Logic Pro」というMacOS専用のソフトを使っているのでiPadでは使えません。

ただし、外出時でもアイデアを思いついた際のスケッチ代わりに下位互換である「GarageBand」で打ち込むこともありますが、その作業はiPhoneでやっています。

基本的は自宅での作業となるので、MacBook Proでの作業となります。

ブログ執筆

iPadでもできるブログ執筆ですがMacBook Proメインに作業しています。

私のスタイルとして自宅にいる際は動画を流しながらブログを書くのですが、MacBook Proで動画を再生すると画面が半分になってしまいますよね。iPadで動画を流し、MacBook Proでブログを執筆するのがベストです。

また、ブログに使うサムネイル作成や画像を使ったファイル操作も発生するので、MacBook Proの方が効率的にも良いです。

【2021年モデル】Apple MacBook Pro 16インチ (M1 Maxチップ, 32GB RAM, 1TB SSD) – シルバー
5.0

iPadでやっていること

iPad_LogicRemote

動画視聴

恐らくiPadを持っている方で一番多く使われている利用方法が動画視聴でしょう。

私も隙間時間や食事中、ブログ執筆などの際は基本的に動画を流しています。

「場所を取らない」「ちょうど良い画面サイズ」とまさに動画視聴に最適なのがiPadでしょう。

音楽関連作業(DTMや譜面確認用)

「Logic Remote」というアプリでMacBook Pro側で起動している「Logic Pro」に接続することができます。

基本的に音色やフレーズの確認で使うのですが、これが結構便利なんです!普段はMIDIキーボード「Roland FA-06」を使っていますが、準備がめんどくさい時はiPadの仮想キーボードを使うことが多いです。

リアルタイム録音ではなく打ち込みメインの制作であればiPadが便利です。

また、キーボードの演奏をする時は楽譜をiPadで表示していますが、やはり紙をめくるよりも楽に譜面を確認できるので重宝しています。

ゲーム(主に音ゲー)

私は生粋のKONAMI音ゲーマーなのですが、iPadでも音ゲーを触っています。

ガチでプレイしているわけではありませんが、新作の音ゲーが出たらとりあえずプレイするほどにはやっています。

近年ではアプリ版beatmaniaIIDX(通称 弐寺)も出ており、ちょいちょいプレイしていましたがやはり専用コントローラーがないと厳しいんですよね。

基本的にはゲーセンでのプレイがメインですが、自宅で無性に音ゲーがやりたくなった時はアプリ版弐寺はもちろんDeemoやバンドリなんかをプレイしています。

iPhoneの画面サイズでは小さくて難しいのでiPadくらいの画面サイズがベストですね。

【2021年モデル】Apple 12.9インチiPad Pro (Wi-Fi, 128GB)
5.0

まとめ

昨今の若い世代の方はPCはあまり使わず、iPadで十分だという話をよく耳にします。

確かにiPadでできる事は多く、やろうと思えばPCに置き換わって作業することもできます。

しかし、上記で私が述べてきたようにiPadだと効率が悪い作業が多々あります。

特に下位互換アプリしか使えないという問題は大きく、わざわざ下位互換であるアプリで作業をして上位互換アプリのMac側で最終調整をするというのも考えてみれば非効率な話ですよね。

だったら初めから上位互換アプリが使えるMacBook Proで作業をした方が断然早いわけです。

現段階では仮にM1チップ搭載iPad ProでもMacBook Proの補助としか使えないのが現状でしょう。

ただし、ゲームに関しては圧倒的に対応アプリが多いので、ゲーム目的であればiPadに軍配が上がります。私がよくプレイしている「原神」もiPad ProならProMotionディスプレイの恩恵で「120fps」でプレイできます。

MacOSはとにかく対応ゲームが少ないのが欠点なので、ゲーム目的であればiPad Proをおすすめします。

このように使用用途によって大きく左右されるので、自分に合った方を選びましょう。