Apple WatchでSuicaが使えないエラーが出た時の対処法

Apple Watchを使っている方なら1度はSuicaを使って改札を通ったことがあるのではないでしょうか。

私も以前使っていたのですが、Apple Watchを改札に勢い良くぶつけて以来、怖くてiPhoneのSuicaしか使っていません←

そんな経緯から半年~1年ほどApple WatchのSuicaは使っていなかったのですが、ある日、残額を確認したら2千円ほど残っていたことに気付き、せっかくだから使い切ろうとSuica利用可能な自販機にかざしました。

しかし「ビーー!」という聞き慣れない音が鳴り「このSuicaはご利用できません」的な内容が自販機のテロップに表示されていました。

「使えないってどういうこと??」と思い、何度か試しましたが事象は変わらず、結局買うことができませんでした。。

 

Apple Watch Series 4(GPS + Cellularモデル)- 40mmスペースブラックステンレススチールケースとブラックスポーツバンド
5.0

GPS + Cellularモデル
30%以上大きくなったディスプレイ
電気心拍センサーと光学式心拍センサー
触覚的な反応を返すDigital Crown
50%音量が大きくなったスピーカー
64ビットデュアルコアプロセッサ搭載S4 SiP
転倒検出ができる、進化した加速度センサーとジャイロスコープ
泳げる耐水性能
watchOS 5
アルミニウムまたはステンレススチールケース

 

 

解決しなかった対策

下記の対策を実施しましたが、いずれも事象の解決には至りませんでした。

・Watchアプリでエクスプレスカードの再設定
・WatchアプリでSuicaの削除/再登録
・Apple Watchの再起動/初期化

解決した対策

結論から言いますとモバイルSuicaのチャージで解決しました!

チャージに関しては入金して使えなかったら嫌だったので後回しにしていました。

冒頭にも書きましたが、Suicaをしばらく(半年〜1年ほど?)使わないと一時的に使えなくなるのではないかと推察しています。

チャージをしたことによりSuicaの機能が復活…というのが私の見解ですが実際はどうなんでしょうか^^;

これはモバイルSuica全般に言えることかもしれないので、もし長期間使用していなかったSuicaが使えなくなったら試してみる価値はあると思います!

 

belkin Apple Watchモバイル充電器 iPhone同時充電 Mfi認定 6700mAh[国内正規品]Valet Charger Power Pack F8J201BTSLV-A
4.5

iPhoneとApple watchを同時充電
Apple Watch用磁気充電機を内蔵
大容量6,700mAh(Apple Wacthを最大8回、iPhoneを最大3回充電)
Made for Apple Watch認定品
1.0A出力のUSB-Aポート搭載、各種モバイル機器を同時充電
最大2.4Aの充電用Micro-USBポート搭載で本体を高速充電
バッテリー残量はLED4段階ライト表示
充電用micro-USBケーブル1.2m 同梱

Apple Watch Series 6(GPSモデル)- 40mmブルーアルミニウムケースとディープネイビースポーツバンド
4.5