Apple Watch Series 5は買いなの?Series 4使いなら不要と予想

最新のリーク情報ではApple Watch Series 5の存在がやっと確認され始めましたが、実際どうなんでしょう。

買う買わないにしろ、やはりWWDCの恒例行事として新製品の発表は心踊るものがありますよね。

私はSeries 4を使っていますが、仮にSeries 5が発表されたとしても今回は見送ろうと思っています。

その理由を下記に挙げていきます。

Apple Watch SE(GPSモデル)- 40mmシルバーアルミニウムケースとホワイトスポーツバンド
4.5

 

WatchOS6からみる微妙な進化

今年の6/3に行われたApple Special Eventで発表されたWatchOS6ですが、正直言ってしまう少しガッカリしました。

文字盤追加、騒音レベル測定、Watch専用AppStoreなど、微妙なものばかりです。

強いて言えばWatch専用AppStoreができたことで、Watchアプリの活性化に繋がるのではと期待するくらいですかね。

もちろん発表された機能が全てではなく、Series 5で新機能搭載という可能性も否定はできません。

血糖値計測が未搭載

これもあくまで予想ですが、今年は血糖値計測機能の搭載は見送られるでしょう。

噂が全くない」というのが最大の理由であり、やはり機能の搭載に手間取っていると考えられます。

ここ数年Apple Watchは健康管理機能を全面に押し出しており、それが功を奏して売り上げが伸びています。

心電図計測機能も日本ではまだ解禁されていませんが、どちらも魅力的な機能であることに変わりないので、早く使える日がくることを願っています。

ディスプレイの常時点灯ができない

ディスプレイの常時点灯を待ち望んでいる人は多いはず。

他社のスマートウォッチと違い、多機能であるがゆえの宿命ということで、バッテリーの容量問題から常時点灯ができない仕様になっています。

腕を上げて見ればほぼ確実に点灯しますが、微妙な角度から見たいときは中々点灯してくれないときが結構あります。

やはりディスプレイ常時点灯は欲しい機能の一つですよね。

省電力なディスプレイやバッテリーの進化を考えれば、仮にSeries 5が出たとしても今回は見送られる可能性が高いと言えるでしょう。

※2019/11/24 追記

Series 5は常時点灯に対応しました!

常時点灯を見て迷わず購入(笑)してしまったのでよかったら下記記事も参考にしてみてください!

Apple Watch Series 5は常時点灯!各ケースのディスプレイ素材に注意

Apple Watch Series 5(40mm)のチタニウムケースをアンボックス!【レビュー】

FaceIDの搭載

パスコードを打ち込むのはもう時代遅れだと感じます。

ただでさえディスプレイは狭く、バッテリー問題もあるのにFaiceIDなんて搭載したら…と思いますが、やはり期待はしたいですよね。

ただ、全く噂すら上がっていないことから、再来年くらい(Series 7?)に搭載されれば嬉しいですね。

バッテリー改善

1番の課題と言っても過言ではないバッテリー問題。

他社製スマートウォッチも1週間前後の駆動時間が普通になっている中、未だに18時間(時計機能だけなら2〜3日程)は少ないですよね。

私の場合はLINE通知やワークアウト機能を使っているので、2日が限界です。

今回Series 5が出るとすれば、内部スペックアップがメインになると思われるので、バッテリー容量据え置きだけど省電力化により駆動時間変更なしと予想しています。

駆動時間が伸びないのであれば、Series 6に期待したいところですね。

belkin Apple Watchモバイル充電器 iPhone同時充電 Mfi認定 6700mAh[国内正規品]Valet Charger Power Pack F8J201BTSLV-A
4.5

iPhoneとApple watchを同時充電
Apple Watch用磁気充電機を内蔵
大容量6,700mAh(Apple Wacthを最大8回、iPhoneを最大3回充電)
Made for Apple Watch認定品
1.0A出力のUSB-Aポート搭載、各種モバイル機器を同時充電
最大2.4Aの充電用Micro-USBポート搭載で本体を高速充電
バッテリー残量はLED4段階ライト表示
充電用micro-USBケーブル1.2m 同梱

 

まとめ

色々書いてきましたが、もちろんSeries 5の発表は楽しみです。

ただ、Series 4でも十分使えるスペックですし、大きなアップデートがない限りは無理して最新モデルに買い替える必要はないかなと感じます。

決して安い価格ではないApple Watchだからこそ、Series 4も視野にいれてみても良いかもしれませんね!

Apple Watchでできることは何?おすすめの使い方やメリット・デメリットをご紹介

※2019/11/24 追記

まさかのディスプレイ常時点灯に対応したApple Watch Series 5…その意外性に心動かされて購入しました←

記事にもしていますので参考までにどうぞ!

関連記事

これは神対応!!予想には全く上がらなかった常時点灯が可能になるとは…これは驚きですね。今回は見送ろうと思っていたのにまたしても手を出してしまいそう…恐るべしApple。。これを機にApple Watchデビューする方[…]

Apple Watch Series 5はまさかの常時点灯対応!購入するなら各ケースのディスプレイ素材に注意
関連記事

オンラインストアで予約をするもお届け予定日が1ヶ月も先になってしまいました。。これはもう現地で買うしなかないな…ってことで行ってきましたApple銀座![caption id="attachment_904" align="[…]

Apple Watch Series 5(40mm)のチタニウムケースをアンボックス!【レビュー】

 

 

Apple Watch Series 6(GPS + Cellularモデル)- 40mmシルバーステンレススチールケースとホワイトスポーツバンド
5.0