MacBookとiPadの違いは?何ができる・できないのかを解説!

MacBookかiPad…どちらを買うか悩んだ経験ありませんか?

作業や使い方によってどちらが良いか変わるので、一概に断言はできませんが、高価な買い物である以上は慎重に決めたいですよね。

そこで今回はどんな人が「MacBook」「iPad」に向いているかについて解説していきます。

MacBookとiPadの違い

MacBookは何でもできるオールラウンダー

MacBookはPCという特性上、どんな作業もオールラウンドに対応できるのが強みです。拡張性も高く、ネット上にある無数のソフトウェアを使って自分好みにカスタマイズもできます。

例えばiPadで出来ない事を挙げるとプログラミング、Excelマクロ操作やAppStore以外のアプリケーションが使えないなど、細かい部分で言えばキリがないほど出てくるでしょう。

また、iPad版AdobeやCubaseといったアプリも基本的に簡易機能しか使えない反面、Mac版ではフル機能の使用が可能です。私はDTMでLogic Pro Xを使用していますが、iPadは下位互換であるGarageBandしか使えないのも1つの例でしょう。

MacBookがあればiPhoneのバックアップやiTunes以外の楽曲追加もできたりしますよね。

さらに、BootCampを使えばWindowsOSも動かせるので、仕事や趣味でWindowsを使わなくちゃいけない時でも安心ですね!

機動力重視なiPad

「じゃあiPadって微妙なの?」と思う方もいるでしょうが、iPadにはiPadの良さがあります。MacBookの解説では散々不満要素を挙げましたが、それに取って代わる本体の軽さやコンパクトさといった機動力が魅力でしょう。

「いつでもどこでも…」という言葉通り、iPadは持ち運びも楽で、どこでも作業ができます。

そもそもMacBookを使うほどでもない作業って実は沢山あるんです。

プロの方が使うのであればMacBookでないと物足りないと感じるでしょうが、一般の方やこれから何かを始めようと思っている方であれば、むしろiPadの方が良いかもしれません。

機能制限された簡易版のアプリ/ソフトウェアとは言え、iPadに最適化されている為、難しい事を考えずにタッチ操作のフィーリングで作業できるよう上手く調整されています。

初心者の方であれば良い取っ掛かりとなり、今後も続けていこうというモチベーションにも繋がるでしょう。

かくいう私もDTMを始めるキッカケになったのはiPadのおかげでした。

また、Smart Keyboardを使えばMacBookライクな文字入力も可能となり、Apple Pencilがあればイラストやメモ書きなんかにも使えます。サッと取り出してサッと作業をしてサッとしまう…そのスマートな機動力が最大の魅力でしょう。

こんな人はMacBookがおすすめ

・動画/画像編集
・プログラミング

・DTM
・会社などの資料作成

・AppStore以外のアプリを使いたい
・WindowsOSも使いたい

例えばYouTuberを目指してる方なら動画/画像編集は必須ですよね。

仮に編集ソフトにAdobeを使うのであれば、iPad版のAdobeは機能制限が多く、そもそもAdobeに限らずタッチ操作での動画編集はクセがあって基本的にやりづらいです。プログラミングやApp Store以外のアプリ(Steamなど)を使いたい場合もiPadではできないので、MacBook一択となるでしょう。

ここで一つ注意ですが、Steam版ゲームや動画編集メインであればdGPU(独立GPU)搭載のMacBook Pro 16を絶対に選んでください。

価格は高くなってしまいますが、iGPU(内蔵GPU)であるMacBook Pro 13を選ぶと、確実にパワー不足を感じます。GPU性能をドラゴンボールで例えるなら「MacBook Pro 16=孫悟空」で「MacBook Pro 13=クリリン」くらいのスペック差はあります。

YOU
GPU性能はめっちゃ大事です!
Apple MacBook Pro (16インチ, 16GB RAM, 1TBストレージ, 2.3GHz Intel Core i9プロセッサ)
5.0

こんな人はiPadがおすすめ

・クリエイティブな事を始めてみたい(素人/初心者)
・イラストレーター(絵を描く)
・DTM(アイデアのメモ用)

・動画視聴
・ゲーム(特に音ゲー)
・外出先で良く使う

絵を描く事が仕事/趣味の方には特にオススメでしょう。

最近のiPadはイラストやデザインを描くツールに特化しつつあります。実際に仕事で使われている方の大半は絵を描く職業の方ではないでしょうか。

また、外出先でよく使う方であれば、MacBookより軽いiPadがオススメです。

MacBookの中で一番軽いAirが1.25kgに対して、iPadの中で一番大きい12.9インチのProでも半分の631gと超軽量です。

重さって意外と重要なんです…1kgを超えるとズッシリとその重さを感じます。せっかく持ち出し用にMacBookを買っても、毎日バックに入れて持ち運ぶとなるとしんどいんですね。。

私もMacBook Pro 15(1.83kg)を買った当初は毎日持ち出していましたが、気がつけば1週間に1回程度になりました。

YOU
毎日持ち歩くと肩が痛くなりますマジで…

上記解説ではあまり触れてきませんでしたが、音ゲーをプレイする方であれば断然iPadはオススメです!大画面だからこそ両手をフルに使ってプレイできるので、アーケードさながらの感覚で楽しめるでしょう。

Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB)
4.5

Apple iPad Pro (12.9インチ, Wi-Fi, 256GB) – (最新モデル)
5.0

【スペック】
12.9インチLiquid Retinaディスプレイ
A12X Bionicチップ
Face ID
12MPバックカメラ、7MP TrueDepthフロントカメラ
4スピーカーオーディオ
802.11ac Wi-Fi
最大10時間駆動
USB-Cコネクタ

Apple Pencil(第二世代)が使えるので、イラストレーターにとって最高の1台と言えるでしょう。
ハイスペックなゲームもサクサク動くので、ストレスを感じることはないと思います。
別売りのSmartKeyboard Folioを使えば快適に文字入力できるでしょう。

 

まとめ

MacBook/iPadに向いている作業について解説してきましたが、自分にあった使い方は見つかったでしょうか?私も最初はiPadを購入しましたが、プログラミングやDAW(Logic Pro X)が使えないことからMacBook Pro 15に移行しました。

結局は自分の使いたいアプリ/ソフトウェアが対応しているかや、作業時に最適な使い心地を得られるかが大きなポイントとなるでしょう。

動画視聴用であればiPadの方が寝ながらでも使えますし、腰を据えてガッツリ動画編集するならMacBookが良いでしょう。

でも、究極は両方購入して臨機応変に使い分けるのがベストなんですけどね←

ちなみにiPadはMacBookのサブモニタ(Sidecar)としても活用できるので、両方購入予定の方は是非チェックしてみてください!

関連記事

個人的にWWDC2019の本命発表はiPadOSだったと感じました。近年iPadに力を入れいているAppleですが、狙いはやはりPCに置き換わる製品としてiPadを推していきたいのだろう。iPadOSで追加された新機能・機能強化を見[…]

iPadOS
関連記事

この記事に辿り着いたということは、今まさにこのタイトル通りのお悩みをもっている方ということでしょう。13インチと16インチ…ディスプレイサイズの違いだけならそこまで悩むこともないかもしれません。スペックや価格、用途によってど[…]

MacBook Pro 13インチと16インチならどっち?スペックや価格で比較【結論あり】